Monthly Archives:5月 2013

治癒への流れ

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

今朝は、自分の唇のきれいさにウットリでございました(≧▽≦)
index_02
もともと子供の頃からアトピーで肌が弱かったのが
ここ数年で本当にキレイになってきたのですが、
唇だけはずっとへなちょこでした。
特にこの6~7年(*´Д`)

クスリを用いるのは私にとって
『敗北』を意味すると言っても過言ではないので(って武士みたいですけど(^_^;))
自分の治癒力、再生力を信じて、向き合ってまいりました。
アトピーや膠原病のときに向き合ってきたことと比べたら、唇くらい些細なことです。

自分なりに向き合ってると、いろいろ感じてくるというか、
なぜこうなるのか、分かってくることがありまして、
結構、私の食べ方は、口の回りが汚れるみたいで(子供みたいですけど)、
調味料や、それを舐める唾液で炎症したり乾燥したりですね。
ですから、食後に唇を洗うようにるすると良い感じを掴みました。

あと、習慣的に口紅を塗ることは、この6~7年してないです。
どんなに優しい成分の製品を試してみても、
なんかもう、鬱憤溜まって泣いてる子供に何をしても無理なように、
間もなくヒリヒリし始めて、翌日には腫れて、ズキズキ痛いやら、縁が痒いやら。
しばらくリップ難民で、合うリップを探し歩きましたが、もう諦めました。

あと、感覚的に”これは外的要因じゃなく内的要因だな”と思わされることが
ほとんどでした。
どんなに気を付けていても、上記のようなことが勝手に起こってくるのです。
しかしこれは、治癒反応と自分に勇気を持たせました。

『非常識の医学書』阿保徹×石原結寛×福田稔共著 にこうあります。
4408452025

■ 熱、痛み、震え、腫れ、湿疹、かゆみ、下痢、汗など
出るものを惜しむと病気になります。

体の中からいろいろなものが出てくると、
なぜか人は出ることが不安になり出ない方がいいと思いがちです。
見た目の問題やわずらわしさなど排泄そのものを敬遠しがちになりますが、
実はためらわず思いっきり出した方がいいのです。
排泄するために体にはたくさんの穴が開いています。
皮膚、目、鼻、耳、口、臍、膣、肛門、
体には体の中と外を結ぶ穴が無数に開いています。
もちろん、穴からいいものも悪いものも取り入れていますが、
体に有害な物や物や老廃物は積極的に排泄を促します。
これは生態系が持っている習性、
生物にあるホメオスタシーと呼ばれる調整機能でもあります。
体に悪いものを何とか外へ出そうとする機能、
自分で自分の体を修復しようとする自然治癒力が備わってるおかげです。
(中略)
下痢も、汗も、湿疹も体に必要のないものだからこそ、
外へ排泄しようとしています。
皮膚から排泄しようとすれば皮膚炎、
呼吸器から排泄しようとすればくしゃみや鼻水、ぜんそくとなって、
体自身が毒素を洗い流そうとして反応します。
昔から節分の豆まきに「鬼は外、福は内」というかけ声があるように、
鬼のような悪いものを体の外に排泄することによって、
体の内が福になるのだと私は考えています。

良くなったり悪くなったりが激しくなって6~7年。
その最終段階は、ちょうど一年前の昨年の6月から突入しました。
もう、悪くなる一方です。良くなる気配は微塵も感じられない5か月間。
炎症でヒリヒリ

乾燥でガビガビ

皮がむけて更に赤くなってピリピリ

更なる乾燥でバリバリ

分厚く皮がむけて腫れてジンジン。血も出る。

もうどこが唇の縁か分からなくボロボロ

と悪化の一途。そして10月がMAX!大噴火状態でした。

ここまでの間、私がしたことは、ともかく治癒を信じて、
唇に刺激物が当たらないよう食べ方に気を付ける、
細胞が良い仕事ができるように餌であるちゃんとした栄養をサプリメントで入れ、
その栄養が血液に乗ってスムーズに細胞に行き渡るよう陶板浴で温める、でした。

すると11月末ごろに、なんとなく”治りそう”な気配が漂いました。
そうしたらもう一気です!12月、1月とパ~ッと良くなっていきました。
ただし、良くなったり悪くなったりですよ(^_-)-☆
でも、悪くなっても前回の悪い時より良い感じ、良くなると、前の良くなった時より良い感じ、
という繰り返し方です。
これがまさに自己治癒のパターンです
私は、アトピーでも膠原病でもそれを経験してるので、
その時の改善パターン方と同じであるのを感じて”ヨシッ!”と自信を高めました。

タイミングを計って、リップ難民を再開。
ちょうど出会ったリップを試してますが、最初は少々抵抗した私の唇でしたが、
それよりも細胞の中からの改善が伴ってるので、反応が以前のように過剰ではなく、
まもなく、乾燥から守られる潤い感に、納得してくれたようです。

そして今朝、最高の唇を見たわけです!
唇の色は、もともとよりも血流を帯びてほんのりピンク色に。
唇の色が悪いのは、血流が悪いからだそうですから、怪我の功名です。

というわけで、私が長年向き合ってきた小さな治癒への流れでした。


Comments are closed

「酵素」と「温め」

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

今朝の朝食は、
こだわり八百屋のきみちゃんお薦め「王冠」
というグレープフルーツをせっせと手絞り。
IMG_20130528_081623
フレッシュ酵素注入で~す!
朝はこうした生ジュースや、プロティンドリンクや、発酵ドリンクなど、
胃腸に消化で負担のかけないものが、私の方針です。

そして毎朝の日課、抗酸化陶板浴!
P1050889

酵素は37~40度でもっとも活発化するといわれます。

だから、体温が35度台の人!
新陳代謝がうまくいってないわけです。

すると太りやすかったり、老けたり、肌がかさついたり、だるかったり、
病気になりやすかったり治りにくかったりするわけです。

ちなみに私は、以前は35度台前半でしたが、
今は1度上がって36度台半ばです。

そしたら風邪はひかないわ、肌は20代の時よりプリプリだわ、
疲れないし、太りにくいです。

ところで、みなさん、

「夏は1年で、一番基礎代謝が低い季節」

ってご存知でしたか?
高いと思ってた方、それは思い込みです。
基礎代謝とは、呼吸や内臓機能の維持、体温調節に使う、生きるために最低限必要なエネルギーのこと。
外気温が体温に近い夏は、体温維持にあまり力を使う必要がなく、基礎代謝は下がるのです。
また、夏場の冷房で自律神経が乱れて基礎代謝が下がる人もいらっしゃいます。
冷たい飲み物や食べ物でも内臓が冷え、代謝はさらに落ちます。

ですから、「夏こそしっかり温め!」です。
それも、体温より高い、ヒートショックプロティンが誘導されるしっかりとした温度、
すなわち、抗酸化陶板浴の床温度(50度弱)と室温(42~43度)、
それでいてカラッとした低湿(10%前後)が、ズバリ良いのです。

抗酸化陶板浴に入ってるとどうなるかの一例をご紹介!(^^)!
るっちゃん
左が2007年12月、右が2011年3月の、当方陶板浴のスタッフるり子さんのアンチエイジング効果です。
むくみがなくなってスッキリしたでしょう。
毛穴が引き締まって弛みが減りました。瞼の弛みがなくなり、目がパッチリ大きくなりました。
油分と水分のバランスが良くなりました。そして色白に。
毛染めをやめたので、一旦真っ白になりましたが、根元から黒くなってきています。

というわけで、今回は「酵素」と「温め」のお話でした。


Comments are closed

知的財産として

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

昨年プロフェッショナルファスティングマイスター(1級)を取らせていただき、
また、ファスティングやサプリメント、体質改善などのカウンセリング数が
累計200名を越えて参りましたので、
この度私の、ミネラルファスティングのカウンセリング料を設定させていただきました。

ファスティング専用発酵ドリンク『マナ酵素』2本をお付けしての、
カウンセリングのパッケージです。

img-521153929-0001

ここで私の、栄養学やファスティングに関する学びや活動の
主な履歴をご紹介させていただきます。

2010年4月
山田豊文先生講演会開催。分子整合医学の道へ
5月
初ファスティング(3日間)
7月
杏林予防医学研究所セミナー受講【京都】
9月
2回目ファスティング(3日間)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年4月
糖質栄養素について学ぶ
7月
mana-yoga学院とのコラボ企画「高野山ヨガ&断食合宿」開催
…自己3回目のファスティング(3日間)
9月
山田式ミネラルファスティング研究会 準会員となる
分子整合医学(自然療法)指導者のためのセミナー参加【京都】
10月
ファスティング合宿開催
…自己4回目のファスティング(5日間)
11月
糖質栄養素セミナー開催
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年1月
ファスティング合宿開催
…自己5回目のファスティング(7日間)
2月
ファスティングマイスター初級取得【名古屋】
3月
エキスパートファスティングマイスター取得【東京】
(社)分子整合医学美容食育協会福井中央支部設立
4月
糖質栄養素の世界フォーラム参加【アメリカ】
5月
ファスティング合宿開催
…自己6回目のファスティング(3日間)
6月
マイスター初級認定研修開催
健幸セミナー開催
8月
JOPHダイエットアドバイザー取得
健幸セミナー開催
9月
ファスティング合宿開催
…自己7回目のファスティング(3日間)
指導者のためのファスティング合宿参加【京都】
…自己8回目のファスティング(5日間)
健幸セミナー開催
10月
日本ミネラルファスティング協会 準会員となる
分子整合医学(自然療法)指導者のためのセミナー参加【京都】
糖質栄養素フォーラム参加【東京】
分子矯正医学勉強会参加【敦賀】
マイスター初級認定研修開催
健幸セミナー開催
ファスティングフォーラム参加【東京】
11月
食べる健幸セミナー開催
ファスティング合宿開催
…自己9回目のファスティング(4日間)
12月
プロフェッショナルファスティングマイスター取得【東京】
肥満予防健康管理士取得
マイスター初級認定研修開催
食べる健幸セミナー開催
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年1月
糖質栄養素セミナー参加【大阪】
食べる健幸セミナー開催
マイスター初級認定研修開催
ファスティングマイスターフォローアップ研修参加【東京】
2月
ファスティング合宿開催
…自己10回目のファスティング(3日間)
分子整合医学(自然療法)指導者のためのセミナー参加【京都】
分子矯正医学勉強会参加【敦賀】
糖質栄養素セミナー開催
3月
マイスター初級認定研修開催
健幸セミナー【金沢】
健康博覧会【東京】
鶴見式酵素栄養学セミナー参加【大阪】
分子矯正医学総会参加【山形】
4月
自己11回目のファスティング(3日間)
マイスター初級認定研修開催
杏林予防医学研究所セミナー受講【京都】
山田豊文先生講演会参加
5月
ファスティング合宿開催
…自己12回目のファスティング(5日間)
食べる健幸セミナー開催
分子矯正医学勉強会参加【敦賀】
ファスティングマイスターフォローアップ研修【名古屋】
6月 (予定)
糖質栄養素セミナー開催
糖質栄養素アジアフォーラム参加【韓国】
杏林アカデミー「細胞環境デザイン学(中級)」受験【京都】
食べる健幸セミナー開催

・・・・・・・・・・・・・


Comments are closed

夢を生きる女子 Come on!

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

私は友人のほとんどに運命を感じていますが、
とりわけ、竹内蓉子さんにはそれを強く感じています。

私と彼女は、2008年の夏に京都行きの高速バスで出会いました。
詳しくは割愛します(が、知りたがり屋さんはこちら

彼女と私はひと回りほど年が離れてて、ひょんな出会いだったにもかかわらず、
よく食事に行くわ、泊まりに行くわ、泊まりに来るわ、
結婚式にも呼ばれちゃったりなんかして、
気付けばご主人共々濃ゆ~ぃお付き合い。

そんな彼女が、前々回のファスティング合宿にご主人と参加してくれたら、
ファスティングマイスターを取得したいという運びになり、
そしたら、その先への更なる大きな一歩を踏み出す勇気と決断を打ち明けてくれました。
京都に支部設立と、ファスティングマイスター1級をこの夏に目指すとの事でした。

28歳にしての英断です。
しかも、ご主人の理解と協力が凄いっ!
お互いの可能性や夢を増幅させ合う、素晴らしい夫婦です。

そして今日、彼女からメールが来ました。

「ブログ始めてみました!」と。
ちょっと覗くと、そこに素敵なタイトルが。

心もカラダも美しく生きる

サブタイトルに「外見と内面の双方からの美しさを目指している日々の生活を綴っていこうと思います」と。

夢を生きる女性が増えていくことは、私にとって心からの喜びであり、
これから見守り、応援し、また同志として刺激を授受しながら、
この運命の出会いを存分に味わっていきたいと思います。


Comments are closed

酵素ドリンクの正しい選び方

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

巷に溢れる『酵素ドリンク』という名のドリンクたち。

いっぱいありすぎて、どれを選んでいいか分かりませんよねぇ。
選び方間違えると、効果がとんでもなく変わってきます。

そこで・・・
プロフェッショナルファスティングマイスターからちょっと豆知識プレゼント。

まず、確認しておきますが、酵素ドリンクを飲むってことはみなさん、
健康になるため、きれいになるために飲むんですよね?
場合によっては、ファスティング(断食)にも用いるわけですよね。

ということで、

①発酵原液100%のものを選ぶこと。

…「発酵原液100%とうたってないものはほとんど、ただの”ジュース”です。
ブドウジュースだったり、りんごジュースだったりで、
その中に発酵原液が数%~数十%含まれるだけ。
豊富な発酵菌によって、腸内環境を整えたいのにほどんど
実感が得られません。
また、ジュースの中には、保存料、香料、酸化防止剤、着色料などの
添加物が含まれています。
ファスティングの第一の効果は、体に溜まった添加物や化学物質などの
毒の排泄であるのに、口からそれらをあえて摂取していく矛盾となります。

 

②人工甘味料(スクラロース、ネオテーム、果糖ブドウ糖液糖など)を
使用していないもの。

…常習性をあおり、肥満度を上げたり、遺伝子組み換え食品が原材料であるため、
結果的に健康を害することとなります。
ReportsIMG_J20091113124748

③発酵熟成期間が長いこと。

…発酵期間が短いと、ショ糖成分が高く残留しているため、健康に弊害を及ぼす。
黒砂糖やオリゴ糖などを使用したもので、さらに発酵期間が12か月前後の物を選ぶ。
白砂糖を使用しているもの、発酵期間が短いものは選ばない。

 

④なるべく色の濃いものを選ぶ

…いろんな絵の具の色を混ぜると、黒っぽくなっていくように、
色の濃い酵素ドリンクは、それだけたくさんの野菜・野草・果物を使用し、
しっかり発酵熟成させてある可能性が高い。

 

⑤会社の理念がしっかりしてるもの。

…本当の酵素ドリンクは”生き物”です。
ですから、作り手の思いがそのまま液体に、エネルギーとして入ってると思うんですね。
良い想念の入ったドリンクが望ましいです。

というわけですが、それでも自分でなかなか決め兼ねましたら、
私推奨の『マナ酵素』をどうぞ。

工場見学にまで行って見てきましたが、私の全身の細胞とオーラ体が震えたもんです。
まさに、生き物そのものです!

マナ酵素


Comments are closed