Monthly Archives:10月 2013

ヨガリトリート in シャスタ

admin post on 10月 29th, 2013
Posted in シャスタ

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

オーケンの海外姉妹店である、アメリカはカリフォルニア州、聖地シャスタにある
『陶板浴&バケーションハウス神楽』で、ロサンゼルスから素敵なツアーを組まれた方々が
いらしたようです。
外観2

その名も【ヨガリトリートツアー】。

1400301_572073886198815_1356617597_o

ヨガ講師のakikoさんという方が企画されたようで、
陶板浴内でヨガをすれば「陶板浴ヨガ=ホットヨガ」、
ロビーフロアでヨガをすれば「抗酸化ヨガ」というわけで、
いろいろお楽しみになられたようです。 

シャスタ陶板浴のすべての室内は、【抗酸化】のスペースになっているので、
ここで吸う空気中には不純物が一切ないので呼吸法が大事なヨガには最適の空間となっております。

弊社オーケンでも定期開催している
陶板浴ヨガ(火・水・木・金)と
IMG_7942

抗酸化ヨガ(月)
cropped-IMG_8040.jpg

ですが、普通のヨガ/ホットヨガとは全く違う点は、
シャバアサナで、ほとんどの人が、大抵グースカ気持ちよく寝てしまうところです。

抗酸化の空間には自律神経をと~っても整える効果があり、
ヨガはただでさえも自律神経を整えますが、
それをより一層、もっともっと増幅させてくれるのが抗酸化リバース工法の力のようです。
本当に、力を抜いた時のリラックス度が違います!

そして、そのヨガをした後の夜がまた、グ~っすり熟睡できる!

この度のシャスタのヨガリトリートツアーでも、
二歳のお子さんをお連れのお客様がいらして、
いつも寝付きが悪くて寝かしつけるのに時間が掛かってるそうなのですが、
夜に陶板浴入ると陶板浴内でいつも眠ってしまい、朝まで一度も起きなかったとか。。。
そして参加者のみなさん、
夜に陶板浴に入って就寝すると、前日の観光の疲れが、
翌日には疲れが一切ない!って口を揃えておっしゃってたようで、
この陶板浴の威力を《ミラクル》のように感じられていたようでした!

陶板浴での温浴効果ってホント、並々ならぬ凄さなんですよ。

よろしかったら、ぜひ日本では福井県越前市のオーケンにある『抗酸化陶板浴きずな』へ、
そして来年に企画しているシャスタツアーなどに、ぜひ、ご参加ください。
シャスタツアー募集


Comments are closed

ファスティングライフの進め方セミナー

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

究極の健康ランチ「まごわやさしい」ランチがついた、ファスティング基礎セミナーを、
去る10月27日(日)オーケン・リラヒューセット店内で開催しました。

1B5A8357

今回のメニューは、杏林予防医学研究所からの直伝レシピで、
旬で地産地消の野菜と、亜麻仁油をふんだんに使い、
メッセージ性のある内容で構成。

1B5A8384

講師は私、
分子整合医学美容食育協会 福井中央支部長で、
プロフェッショナルファスティングマイスター 大刀あゆ未(*^^)v

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで健康に役立つ、
分かりやすく目からウロコポロポロの栄養セミナー基礎編と、
有名芸能人やプロのアスリートが実践する、
正しいミネラルファスティングの基礎を、
簡単に、でも90分たっぷり使ってご案内しました。

1B5A8390

お勉強後は、いよいよ待ちに待った究極ランチタイム。

1B5A8341_2

みなさん
「めちゃめちゃ美味しい!!」
「ヘルシーなのに食べ応えあって満足」
「玄米ってこんなに美味しいんだぁ」
「食べてて気持ちいいっ」
と、大大大大大好評!
1B5A8410

今回のイベントは、先日の「福井 女子☆博」から結成した
「マナファスティング研究所【通称マナラボ】」の仲間が
スタッフとして準備、サポートしてくれました。
1B5A8349
マナラボとは、
ファスティングから始まる【マナ】(=真の/愛の)健幸法を、
追及する同志で結成したもの。

私個人的には、直前に親せきに不幸がありまして、
これまでのように私一人で切り盛りする予定でいたら、
絶対成功できなかったイベントだったと思うのですが、
仲間がいてくれたことで、私は講師という立場に集中できて、
本当にありがたかったです。
また、マナラボ仲間も、一つずつのイベントやセミナーごとに、
結束を固め、絆を深めていけてるようで、
なんか、魂が喜びあってる感じがしています。

次回のイベントも楽しみです。


Comments are closed

fu11月号掲載

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

福井新聞に折り込まれる「fu11月号」に、
弊社抗酸化陶板浴と、抗酸化リバース工法のご案内が掲載されました!
img-X21090227-0001

img-X21090227-0002


Comments are closed

URALA11月号掲載

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

URALA11月号の79ページ。
弊社 抗酸化陶板浴のホットヨガ、ご紹介いただきました。
陶板浴11月号
なお、21ページのトレンドキャッチのコーナーでは、
弊社でお取り扱いしているミネラルファスティング専用ドリンク
『マナ酵素』が紹介されています!!

img-X28154035-0001

世界のWWDビューティーにも掲載された『マナ酵素』ですからね。
URALA編集部さんもお目が高いっ!!
WWB

詳細は書店で…いや、福井県内なら、
銀行、美容院、エステサロン、カフェ、医院…至る所でご覧になれますね

img-X28154035-0003


Comments are closed

スティーブ・ニュージェント博士ツアー講演

admin post on 10月 22nd, 2013
Posted in 糖質栄養素

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

「いのちの鎖」の著者で、
自然療法医学博士、
国際補完医療協会会長、
米国自然療法医学協会名誉会長である、
スティーブ・ニュージェント博士の全国ツアー講演のうち、
大阪と東京講演に行ってきました。
IMG_20131012_134831
※ニュージェント博士の基本情報についてはこちらをクリック

会場は大阪も東京も、100人を超える超満員。
IMG_20131012_144843 (1)

IMG_20131014_135540 (1)

その中で博士が語ったお話を、なるべくそのまま記していきます。
≪≫内は私の感想(*´з`)
ニュージェント博士

「私はは20年前は開業医をしておりました。

患者は世界中から診察を求めて私のところに来て、
当時の収入は莫大で、医師仲間からも尊敬を集め、
大変、成功している医者の一人だったと思います
≪自分で言うくらいだから余程でしょうな(^_^;)≫

私は常々「医師としての義務を果たしたい」と思っていました。
そこで治療の傍ら、私は世界中のサプリメントを取り寄せ、
副作用のない、真の治癒を探っていました。
その数は6000種以上に上ります。
≪6000って相当(≧▽≦)≫

しかし、世の中のサプリメントのほとんどが、「役に立たない」と思うものばかり…
あなたの周りの医者が「サプリメントなんて効果がないよ」というのは、
世の中のほとんどが、そういうサプリメントだという現実があるからなのです。
≪メモメモ…≫

そんな中、私は【マナポール】に出会いました。
栄養学的糖鎖生物学の父と呼ばれるビル・マカナリー博士が、
糖鎖を構成する8種類の糖を発見し製品化し、
創業者のサム・キャスター氏と作った会社=マナテック社のものでした。

調べる限り、私は信頼に相当値すると判断したので、様々な症状の患者に与え始めました。
すると、それぞれ異なる病気なのに、みんな良くなった!
これには大変驚きました。
そして私自身も自分と家族の健康のために、
マナテック製品を摂取するとともに、
他の医師にも話し出して、薦め、広めていきました。

今では医師の仕事はやめ、
こうして1年365日のうちの300日は、糖鎖・糖質栄養素の講演か
そのための移動をしています。
収入は以前の1/10ですが…(笑)
しかし、医師としての義務を果たす日々に喜びを感じています。

ところで、糖鎖・糖質栄養素について、
国立アカデミー出版(The National Academies Press)をご存知ですか?
アメリカで最高の学術団体です。
どのくらい最高かと言いますと、この会員になるには、ノーベル賞受賞者か、
受賞者からの紹介の人しかなれないというところです。

そこから昨年、「糖鎖科学の変換:未来へのロードマップ」と題されて、
1冊まるごと『糖鎖』についてのものが、世界に向けて発信されました。
cover
この中で、
『人間に重大な影響を及ぼすすべての病気に、糖鎖は関与している』
と結論付けられています。
≪これほど『21世紀は糖鎖の時代』と生化学の世界では注目の的なわけです(^_-)-☆≫

さて、私たちの免疫力に話を移しましょう。

私たちの免疫は、
①栄養がないと働かない
②コミュニケーションができないと働かない

です。
②がいわゆる「細胞のアンテナ=糖鎖」であり、
①がいわゆる「糖鎖を構成する8種類の糖=糖質栄養素」です。

みなさん、先ほど、「ほとんどのサプリメントは役に立たない」と申し上げましたが、
それはなぜかと言いますと、
ほとんどのサプリメントが、「成分表通りの栄養素を含んでいない」からです。
≪えぇぇぇぇ~っ\(◎o◎)/!≫

耳を疑うでしょうが、本当の話です。

ではどう見分けたらいいかと言いますと、
あなたが飲んでるサプリメントに、「NSF認証」が付いているか、です。
NSF認証とは、
製品を構成する成分の純度を検査し、製品ラベルにサプリメントの成分が正しく記載されていること、
そして製品の純度が基準を満たしていることを保証する、1930年設立の専門機関です。

世の10万種以上のサプリメントに、このNSF認証は付いていません。
みなさん、私たちは少なくともNSF認証のついたものを選ばなくてはなりません。

(例)
taisetu04

次に、リアル・フード・テクノロジーについて触れましょう。
≪リアル=本物の フード=食べ物 テクノロジー=技術≫

1937年 ノーベル賞 医学生理学賞を受賞した
アルベルト・セント=ジェルジ(1903-1986)博士の報告です。

・「ある病態(壊血病)において、アスコルビン酸は効果がなかったが、
ハンガリーのレッドペッパー(vitaprie)抽出物やレモンジュースを与えると、
すぐに治癒することを発見した」

≪サプリメントと呼ばれるものには、
「食べ物そのものの栄養素」と「合成された栄養素」があり、
世の95%が後者と言われています。アスコルビン酸は後者に相当するビタミンC≫

ここから分かることは、合成ビタミンCよりも自然のビタミンCの方が
細胞に効果的に活かされた
ということです。
なぜなら、合成ビタミンCは中心分子のみしか存在しませんが、
自然のビタミンCには中心分子の回りに補完分子が取り囲んでいます。
これらが、私たちの体内で酵素と一緒に総合的に働いて、
細胞の代謝活動に活かされていくのです。
これは他の栄養素にも言えることです。

ですから、マナテックの特許技術「リアル・フード・テクノロジー」には、
高い価値があるのです。
リアルフード

ちなみに、世界33カ国で特許を持つマナテック社の
主力商品糖質栄養素のアドバンスアンブロトースEX。
特許
≪原料はアロエベラ、ワカメ、カラマツの樹液など≫
糖質栄養素

この中のアロエベラから抽出するマナポール1kgに対して
必要なアロエベラの量はどれだけか分かりますか?
660kgです。
もちろん、皮は除いた葉肉の重さでです。
これだけ高質というものは高価なのです。

マナテック社のリアル・フード・テクノロジーについては、
世界の科学者からの注目と信頼が高いことを、
もう一つの例を挙げてご説明しましょう。

それは、アンブロトースEXに配合されているグルコサミンの原料が、植物性であることです。
2006年ごろ、世界で初めて、植物が持つグルコサミンを抽出する技術を確立した科学者たちが、
世界中の企業を精査して、持ち込んだところが、
リアル・フード・テクノロジーのマナテック社でした。
≪ちなみに、私たちが体の中で8種類の糖質栄養素を合成できるように、
10種類の糖を自然の食べ物で配合しているのがマナテック社のアンブロトースです≫

最後に、糖質栄養素の有用性について記します

・コミュニケーション能力
・認知能力
・記憶力
・集中力
・注意力
・気分
・落ち着き
・免疫システムサポート
・消化器系機能向上
・間接的免疫
・直接的免疫

以上…


Comments are closed