Category Archive:【住】抗酸化リバース住宅

100名限定・完全紹介制『タイガーフィットネス』

今年5~6月に、抗酸化陶板浴を施工させていただいた、
100名限定・完全紹介制フィットネスクラブの『タイガーフィットネス』さま。
mainimg
http://www.tigerfitness.jp/

このご縁は、本当に不思議です。

というのも、タイガーフィットネスの石原代表夫妻が、
真の栄養学の追及の中で、分子整合医学の権威山田豊文先生と出会われ、
先生が所長を務める、杏林予防医学研究所を訪れた際、
山田先生が、(弊社にご用命くださり)研究所に造った『抗酸化陶板浴』にお誘いになり、
代表ご夫妻がお入りになったことがきっかけで、
その気持ち良さが、ご夫妻の印象に強烈に残ったそうです。

当初、山田先生に、「これは何なんですか?」とお聞きになられたら、先生、
「ナイショ」
と言われたそうで、
「豊文先生って、本当に気に入ってるものは、詳しく教えて下さらないんですよね~」
と奥様。

では、どうやって弊社とのご縁になったかと申しますと、
店長の私が務める、ファスティングマイスター学院の上級認定講師として、
名古屋の試験会場を訪れた際、受講生としていらしたのが、奥様でした。
そこでたまたま、学院の学長がいらしてて、私を紹介くださった際、
私の本業の建築と抗酸化陶板浴のお話をして下さったのを聞き逃さずに、
すぐに話しかけてくださったのです。

そこからトントンと話が進んで、完成した抗酸化陶板浴inタイガーフィットネスは、
『タイガーマジック』がかかった、とてもオシャレで素敵な空間になりました。

10305967_842886849094734_6641102958841802051_n

KIMG0264

KIMG0265

KIMG0271

待合室は、スピリチュアルな石原夫妻が、弊社がご紹介したマウントシャスタのエネルギーを
直感的に気に入っていただきました。

ちなみに弊社はこんなんです。テーマは森林浴。
P1050870

P1050889

名古屋付近の皆様、抗酸化陶板浴を利用できるタイガーフィットネスさんのGOLDコースは、
29,160円~/月でございますから、ぜひ、トレーニングとセットでご利用くださいね。
http://www.tigerfitness.jp/gold_course/

福井近辺の皆様は、10,000円/12回で、私とのおしゃべりとセット(?)で、ご利用ください。
http://www.ohken.org/


Comments are closed

抗酸化【キズナヅミ】リフォームH様邸

admin post on 3月 14th, 2014
Posted in 【住】抗酸化リバース住宅

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

屋根と柱だけを残して大規模抗酸化リフォームしたH様邸が完成し、
ブログへの掲載許可を伺いましたら、

「素敵なお家にしていただいて、とっても幸せです。
掲載OKです!」

とお喜び満点のお返事を戴いたので、張り切ってご紹介します。

まずは、リフォームといえども、御祓いと工事安全祈願をするのが、
オーケンの【キズナヅミ】リフォーム。もちろん吉日を選んでます。
IMG_0130

そしてリフォームといえども、ここまで壊します!
IMGP0484

補強をちゃんとして耐震・制振性を高め、断熱しっかり利かして、
IMGP0573IMGP0708

下地に、抗酸化リバース処理を施します。住む人の健康のためです。
IMGP0868

外部の塗料にも、抗酸化リバース溶液を混ぜます。地球環境のためです。
IMGP0787

抗酸化リバース工法についての詳細はこちらへ

で、(端折りすぎですが…)完成なわけです!
【引き渡し式】もちろん吉日。
1B5A0879
わくわくテープカット!
1B5A0886

ではビフォーアフターをどうぞ。
【明るい玄関】BEFORE⇒AFTER
1B5A7956 1B5A0890

【おばあちゃんの夢!茶室】BEFORE⇒AFTER
1B5A4957 
1B5A0896 1B5A0895

【ご夫妻の夢!明るく広々のLDK】BEFORE⇒AFTER
1B5A4966 
1B5A0898 1B5A0901

【奥様の理想!家族の大容量ウォークインクローゼット】BEFORE⇒AFTER
1B5A4968 1B5A0902

【子供たちの夢!自分の部屋】BEFORE⇒AFTER
1B5A4987
1B5A0913 1B5A0905

ということで、H様ご家族のご健康とご多幸をお祈りしています。


Comments are closed

化学物質過敏症と電磁波過敏症

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

先日、化学物質過敏症と電磁波過敏症を併発された40代男性が、
弊社の推進する抗酸化リバース工法と、
抗酸化陶板浴、そして食育活動に関心を持って下さり、
お越しになりました。

なんでも、8年前にご自宅を、ハウスメーカーで新築をしたら、
その3年後から化学物質過敏症を発症し、
後に、電磁波過敏症まで併発して、
仕事を辞めざるを得なくなり、
病院の治療にも限界を感じて、
東北の山奥で玄米菜食の療養所で、
一定の改善を見て、こちらにお戻りになったとのこと。

抗酸化リバース処理をしている弊社の空間はどう感じられるか伺ったところ、

「空気が違うのは入ってきた時に感じましたし、
 電磁波も…エアコンついてるし、冷蔵庫があそこにありますけど、
 比較的ラクですね。
 普通は、冷蔵庫のある部屋は耐えられないから、
 我が家は外に出してるくらいなのに、
 ここでは、この距離なのに不思議と平気ですね。」

とのことでした。
IMG_1641 

抗酸化リバース工法の効果の中に、
・化学物質分解、低減効果
・帯電防止効果

があるのが、実際感じていただけて光栄です。
リフォームにも対応できることをお伝えしました。

また陶板浴にも通ってみたいとのこと。
他の方のバスタオルの合成洗剤が辛くなる可能性があるというので、
昼間の空いてる時間帯をご案内しました。

化学物質過敏症…発症したら大変ですね。。。
電磁波過敏症まで、ついてきちゃうそうです、大抵。
新築の家に住むまでは何ともなかったのに、
目に見えない害で、生活が激変です。

実はこんな話をよく耳にします。
ちょっと意識を持ったお施主さんが家を建てるとき、
ハウスメーカーや工務店にその旨を伝えると、
「うちは、国の基準を満たした
『F4☆☆☆☆』の仕上げ材を使いますから大丈夫ですよ」
と言われて安心してしまいがち。

でも、下のグラフを見てください。
これは抗酸化リバース処理した部屋と、
そうでない普通の部屋との化学物質の新築時の比較です。
使用している仕上げ材は、双方同じF4☆☆☆☆です。
リバース比較
グレーの棒は国の指針値を表しています。

そしてオレンジは抗酸化リバース工法処理したお部屋。
⇒基準を下回っています。

ブルーは何もしていない普通のお部屋。
⇒F4☆☆☆☆の材料を使っても、なぜかお家が仕上がると
国の基準を超えるという矛盾。

こういうことが実際に起こってることは、
お施主さんはもちろん、建築屋の方もしらないのがほとんどです。

ではせっかくですので、リバース処理したお家が、4か月後に
さらにどんな空気環境になっているか、ご覧いただきましょう。
リバース4か月後
グレーは上に同じ国の指針値
オレンジは新築時の数値
で、グリーンが4か月後の数値です。

住みながらも引き続き、化学物質を分解低減してくれてるのがお分かりでしょう?

ちなみに、トルエンが少し増えているのは、生活で持ち込んだ家具やカーテンなどの影響と考えられます。
(※家具やカーテンには未だ国の基準は設けられていませんので)

空気の違いが細胞にどのように影響するかも、
こんな実験から分かります。
芋の実験
サツマイモを半分に割って水に浸けたものを、
一つは一般の空気環境の住宅に置き(右上)、
もう一つはリバース工法の空気環境の住宅に置いたもの(左下)です。
枝ぶり葉ぶりが一目瞭然で違います。

このようなことが、私たちの100兆個の細胞に起こってきたとしたら…
自ずと健康状態に差が出てくるということです。

さて、話はその男性に戻りますが、
その方、体質改善に、水だけの絶食をなさった経験があるそうで、

「あれは実際辛すぎたし、やり方間違ってたな、
 って自分でも思ってるんで、
 今度、正しいファスティングの仕方でやってみたいです。
 教えてください」

とのこと。もっちろんでございます!

その方とお話しててつくづく感じたのは、
病気になってから体に良いことやるよりも、
病気にならないように体に良いことやるべきだってことです。
その方が楽しくできますよ(*’▽’)


Comments are closed

日本古来の和法による「病気の捉え方」

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

下記はフェイスブックからの転記ですが、
私がいくつもの病を自然治癒させてきた体験を通して
学んだこと、気付いたことそのもので、
健幸セミナーで伝えていることとそっくりそのまま
同じなことに超ビックリ。

ご一読ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本古来の和法による「病気の捉え方」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたは、

咳が出る
熱が出る
湿疹が出る
下痢をする
便秘をする
頭が痛い
血圧が上がる
糖やタンパクが尿に出る
骨がすかすかになる
アレルギー反応が出る
などなどの

症状を消すこと=治療
と思っていませんか。
ところが、症状を消しただけでは体は治りません。

治っていないので別の形の症状がいずれ現れます。
それどころか、その症状は前よりも重くなります。

日本には西洋医学でもなく漢方でもなく
和法というのがありました。

例えば、熱が出た時に日本の庶民は
ねぎ味噌湯をどんぶり一杯飲んで
布団をかぶって熱をさらに上げ、
汗を出し切ることで治していました。

これこそが体のしくみを理解した治し方です。

熱が出るのは、
風邪のウイルスが弱った体に侵入して来た時に
病原菌たちは熱に弱いので
体は発熱して撃退しようとします。

自分の細胞も疲労するけれど
体には回復力があるので
撃退を優先するのです。

注射や薬で熱を下げるのは
前線が火攻めで敵と戦おうとしているのに
後方の仲間がホースで水をかけて消してしまうようなものです。

その結果は明白です。
ウイルスの勝利となり、
風邪は重くなり長引きます。

これが、症状たたきの現代医療が無力どころか
多くの医原病を創り出している真相です。

同じように、湿疹が出るのは
出すべきものがあるから
です。

出すべきものがたまっているのに
それが出ないようにしたら
その毒で体のあちこちに別の症状が現れるようになります。

多くの人が食事を良くしたら
あっという間に湿疹が出なくなるのを期待しますが
それは無理です。

現代人の体にはたくさんの毒がたまっているので
特にアトピーだった人でなくても
食事を変えると、最初は体が軽くなったと喜んでいても
腸や体のメカニズムが動き出して
毒を出せる体に変わり出すと、湿疹など
いろいろな症状が出て来ます。

ステロイド歴が長かった人や
ジャンク歴長く重症な人は、目も開けられないような
排毒を経験してきれいになっていきます。
でも、必ず治ります。

症状を消すのではなく
症状を体の防御反応としてとらえ
その戦いぶりを応援するのが和法の治療です。

というより、生活です。
症状が出る必要のないクリーンな体、
そして日々悪いものを速やかに出してくれる
抵抗力も免疫力も強い健康な体を作るには
日々の生活そのものを
体のしくみに合ったものにする必要があります。
特に直接お腹の中に入れる食生活が重要です。

~後略~

つぶつぶ公式ブログより

出典
http://tubutubu-officialblog.net/2014/02/01/1210

・・以上転載・・

症状が出ている理由は、まず「毒素排出」であることが多いのです。
これがわかっていないと「症状をおさえる」という危険な行為をしてしまいがちです。
西洋医療のやり方、
症状をおさえる=毒素を身体にとどめる、危険な行為
これに気づいていない人が多い。医師も洗脳教育を受けていますので、
このことがわかっていない人が多い。

たとえば、食中毒にあった人が、口から吐いて、下からは下痢をする。 
それは、ウィルスなどに汚染された食べたものを早く出すため。
これを、下痢止め薬を飲んで、下痢をとめてしまったら、
ウィルスなどが身体の中に繁殖してしまって・・ 最悪は、死亡します。

下痢などが出たあとは、身体はだるくなりますが、
だるさがとれると、身体がすっきりしませんか?
これと同じようなことが、発熱時の解熱剤投与でもおこります。
上記の文章にもあるように・・

病気で悪化したのか?投薬で悪化したのか?
そこを、製薬会社や西洋医療の人たちは、まぜこぜにして、恐怖を与えてきます。 
投薬で悪化したものを、病気のせいにして、「病気は怖い」という刷り込みをしてくるのです。
(No more ワクチン)facebookより

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いかがでしょうか?

私がオーケンのコンセプトを
「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
としたのは、下記の考え方がベースとなっているからです。

【やるべきことは細胞が知っている】

私たちが知らないだけで、細胞は知っています。
病気の治し方、健康の築き方、美しさの磨き方…
だから、大切なことは、
私たちが生活習慣で細胞の仕事の邪魔をしないこと

邪魔というのは、血流を悪くしたり体を冷やすことにつながる
・化学物質だらけの空気、
・添加物だらけの食べ物や暴飲暴食
・運動不足や性格で蓄積されるストレス

のこと。
細胞をさらしていませんか?このようなライフスタイルに。


Comments are closed

抗酸化トレビア

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

弊社が推進している、抗酸化リバース工法の
不思議なようで”♪当たり前~ぇ♪”のお話。

この秋、太った上に体調を崩しまくった挙句、
生理まで乱れ始めたという幼馴染みが、
ファスティングをするというのでカウンセリング。

過去に3~4回のミネラルファスティング経験はあるものの、
今回は体調不良というので注視してました。

ファスティング中に陶板浴を活用してもらうと、
体内酵素が活発に活動するので、
ファスティング効果が高まるやら、
好転反応が軽減されるやらなにかと良いので、
その幼馴染はファスティング2日目にやってきました。

すると、頭痛が酷いというのでいろいろ聞いてみると、
「やっぱりな」という感じ。
そして「そんくらいなら大丈夫」と分かるのが、
エキスパートファスティングマイスター以上の
カウンセリング力です。

で、そんなこんなで、
抗酸化リバース工法で空間づくりが出来ている
陶板浴の待合コーナーで話していると、
その幼馴染が

「なぁ、まだ陶板浴入ってないけど、
なんかこの部屋にいると、頭痛が楽になってきた。
痛いよ、痛いけど、我慢できる痛さに軽減してきた」

またここでいつものように、
※個人の感想ですって但し書き書かなきゃいけなくなりますが、
この手の体験談はよ~く聞きます。
リウマチの方やガンの方など、痛みを伴う疾患の方にね。

理論が分かってると”当たり前~ぇ”な話ですが、
一般の人には不思議なようです。
P1050870


Comments are closed