脱・電子レンジ宣言!

post on 4月 21st, 2015
Posted in 未分類

定期開催している「脱・電子レンジ宣言」のスチームオーブン調理実習会。

今月は本日、10:30~開催しました。
visit

今回ご参加いただいたのは、健康美意識の高い主婦3名+赤ちゃん。
11160182_746591165462053_645446740_n

ところで、弊社が「健康を築く健築屋」として、
健康住宅にとどまらず、温めのある生活習慣(陶板浴)と、食べ方の生活習慣(食育とファスティング)とで
「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」提案をしている中で、健康調理器具もいくつかあります。
その中の一つが、このスチームオーブンという、電子レンジのようなマイクロ波を出さない器具です。

ここで、電子レンジについて、知っていただきましょう。
(以下、内海聡医師のFB記事より)

電磁波

電子レンジ

「電子レンジ」は、安全で素早く食材を温めることができる便利な調理器具として、
現在ではほぼ全ての世帯に普及しています。
電子レンジで調理することを前提とした加工食品も、今ではすぐ手に入ります。
この便利さの代償に、
一方で、人体への有害性については情報が遮断され、ほぼ事実が伝わることはありません。
健康を害するものをメーカーや国が承認するはずがない、と思う方も多いかも知れませんが、
健康被害をもたらすことが解っている商品、
クスリでさえ野放しなのが現代社会であることを忘れてはいけません。

電子レンジは電磁波を発生する調理器具で、このとき、食品は急激なエネルギーを与えられ、
発がん性の活性酵素(フリーラジカル)が増大したり、体内で代謝できない物質に変性するなど、
目に見えない恐ろしい変化が起こっていることが、多くの研究者から報告されています。
1976年、旧ソビエトなどでは、電子レンジの使用を 国家レベルで禁止したほどです。
電子レンジを使用することによるリスクとして、
商品パッケージ(プラスチック容器等)からの有害物質の溶出が考えられます。
その中には内分泌かく乱物質(環境ホルモン)をはじめ、
発がん性物質などが含まれることが考えられ、高温でプラスチックはよく溶けることは言うまでもありません。

電子レンジの危険性を簡単に述べれば、
1.発がん作用
2.食べ物の栄養の破壊
3.被爆による生物学上の影響
になるでしょう。

また電磁波の発がん性については以下のような研究もあります。
電磁波問題の世界的権威ロバート・ベッカー博士 (ニューヨーク州立大学) は
電気器具から出る電磁波の「安全基準」は1mGとし、
電磁波の悪影響を受けるのは「成長中の細胞」であると結論付けています。
「国立環境研究所」では、4mG以上の場所で暮らしている子どもは、
白血病 4.7 倍、脳腫瘍 10.6 倍の罹患率となっていると報告しています。
尚、IH調理器では、1,000mGを超える例も報告されています。

電子レンジの研究で著名な方の一人にヘルテル博士という方がいますが、
彼は電子レンジされた食べ物の栄養素が血液と人体の生理に及ぼす影響についてこう述べています。
「電子レンジは退行的な力を電子レンジされた食べ物に作用させる」
「電子レンジは、電子レンジ調理された食べ物の栄養素を変え、
その変化はその料理を食べた人の血液を通じて人体の退行を促す」
食品を温めるならもう少しリスクの低い方法を選んだ方がいいかもしれませんね。

対策をとったり規制を強化していないのは、先進国では日本くらいかもしれません。
スウェーデンでは2~3ミリガウスを目安に小学校、幼稚園近辺の鉄塔の撤去や移転、
住宅密集地近くの送電線の撤去などを地域の中で行っているそうですし。
アメリカも州ごとに磁界の規制があります。
イギリスなどは電磁波対策の一環として16才未満の子どもには
携帯電話の使用を控えるように勧告していますし。
イタリアは幼稚園、小学校などで2ミリガウスに規制されているそうです。

ということで、『蒸す』『焼く』『煮る』『炊く』『解凍』が1台でできるこのスチームレンジに、
ご興味のある方はご連絡ください。

10395806_732935940160909_976600807862005844_n


Comments are closed

100名限定・完全紹介制『タイガーフィットネス』

今年5~6月に、抗酸化陶板浴を施工させていただいた、
100名限定・完全紹介制フィットネスクラブの『タイガーフィットネス』さま。
mainimg
http://www.tigerfitness.jp/

このご縁は、本当に不思議です。

というのも、タイガーフィットネスの石原代表夫妻が、
真の栄養学の追及の中で、分子整合医学の権威山田豊文先生と出会われ、
先生が所長を務める、杏林予防医学研究所を訪れた際、
山田先生が、(弊社にご用命くださり)研究所に造った『抗酸化陶板浴』にお誘いになり、
代表ご夫妻がお入りになったことがきっかけで、
その気持ち良さが、ご夫妻の印象に強烈に残ったそうです。

当初、山田先生に、「これは何なんですか?」とお聞きになられたら、先生、
「ナイショ」
と言われたそうで、
「豊文先生って、本当に気に入ってるものは、詳しく教えて下さらないんですよね~」
と奥様。

では、どうやって弊社とのご縁になったかと申しますと、
店長の私が務める、ファスティングマイスター学院の上級認定講師として、
名古屋の試験会場を訪れた際、受講生としていらしたのが、奥様でした。
そこでたまたま、学院の学長がいらしてて、私を紹介くださった際、
私の本業の建築と抗酸化陶板浴のお話をして下さったのを聞き逃さずに、
すぐに話しかけてくださったのです。

そこからトントンと話が進んで、完成した抗酸化陶板浴inタイガーフィットネスは、
『タイガーマジック』がかかった、とてもオシャレで素敵な空間になりました。

10305967_842886849094734_6641102958841802051_n

KIMG0264

KIMG0265

KIMG0271

待合室は、スピリチュアルな石原夫妻が、弊社がご紹介したマウントシャスタのエネルギーを
直感的に気に入っていただきました。

ちなみに弊社はこんなんです。テーマは森林浴。
P1050870

P1050889

名古屋付近の皆様、抗酸化陶板浴を利用できるタイガーフィットネスさんのGOLDコースは、
29,160円~/月でございますから、ぜひ、トレーニングとセットでご利用くださいね。
http://www.tigerfitness.jp/gold_course/

福井近辺の皆様は、10,000円/12回で、私とのおしゃべりとセット(?)で、ご利用ください。
http://www.ohken.org/


Comments are closed

初のファスティングマイスター2級認定研修in福井を開催

2012年の3月に、
北陸で初の支部を立ち上げたときいろんな夢を描きましたが、
これはちょっと嬉しい想定外。

福井でファスティングマイスター2級の認定研修を開催するとは!です。

2級以上は東京もしくは主要都市でしか開催されないもんだと思い込んでおりましたので…
それに、情報も流行も価値観の変化も遅い、保守王国福井で、
こんなに早く、しかもこんなにたくさんの受講希望者が集うとは・・・

ちょうど今秋、弊社1階ショールームのリラヒューセットに併設して、
抗酸化セミナールームが完成したことも、
なんか、理想的なエネルギーの流れが起こってる感じでもあったりなんかします。
10799504_631725323606127_25308619_n /

さて、この11月23~24日で開催したファスティングマイスター認定研修も、2級ともなりますと、
プロのファスティング指導者として認められる資格となりますため、
講師陣は分子整合医学美容食育協会本部から派遣される

①特別講師
②理事
③上級認定講師
の3人ともなります。

(特別講師は特別すぎて非公表ですみません)
1B5A7232

(理事)
KIMG0881

(上級認定講師=私)
1B5A7252

私は福井中央支部長として主催者でありながら、③でもありまして、
いつも上級講師のお仕事だけに行っている大阪会場とは打って変わって、
今回は会場の設営や講師の送迎、受講生の昼食、懇親会の手配、試験監督など、
右往左往いたしました。

そんな中、受講生お楽しみの昼食ですが、
他の会場ではファスティングマイスターの資格試験だけに、
主催者はヘルシー弁当に気を張ります。
マクロビ弁当の会場もあれば、マゴワヤサシイ弁当の会場もあれば、
美味しいところもあれば、美味しくないところもあるわけで、
さ~て、福井はどうしようかと考えまして、私は、
1日目は弊社近くのまる金そばさんへ、福井名物越前おろしそば定食を食べに行くことにしました。
福井は殻まで食べる玄そばですし、酵素たっぷりの大根おろしで戴くわけで、
それに、冷奴や野菜の煮物やお漬物などがつくので、分子栄養学的にそこそこいい感じなわけです。

2日目はどうしたか…
あいにく福井…それも弊社近辺の武生には、
ファスティングマイスターのお手本となるようなお弁当が見当たらないので、
いつもの「食べる健康セミナー」で作り慣れてる「マゴワヤサシイ究極ランチ」を
サーブすることにしました。

それがこちら!特別バージョンで「マゴワヤサシイッス福井ランチ」です。
Collage 2014-11-26 13_01_21

受講生の方はもちろん、本部の先生方にも大いに喜んでいただけた、
おもてなしランチとなりました。

もちろん、私一人の力でここまでできたわけではございませんで、
福井中央支部から輩出したファスティングマイスターや支部長のみんなの、
強力とチームワークの賜物です。
1B5A8349

おかげで、みんなが打ち解け合い、良い雰囲気の認定研修となりました。
せっかくのご縁ですから、できれば全員、合格しててほしいものです。。。

今回2級を目指された方々の中で最高齢は、富山からご参加くださった
な、な、なんと77歳のおじいちゃんでした。

ご自身が2度の3日間ファスティングをされたら、7キロ痩せて、とても歩きやすくなったとのこと。
この御年で、まだ学びを深めようとする精神力にただただ脱帽でございます。

他には、薬剤師さん、美容室のオーナー社長、栄養士さん、整体師さん、美容師さん、
そして働くママさんの総勢11名。

初級認定の時の集合写真では、「顔出しNGで」と自信なさげだった方も、
2級の内容を学ぶと自信に満ちて、全員OKでしたので、受講生の写真を掲載します。

今後の私の務めは、これを機に、
北陸にどんどん増えていくであろうファスティングマイスターの更なる研鑽の場をここ地元で作り、
ミネラルファスティングや栄養療法、食育のプロフェッショナルを
より信頼性の高いものに築いていくことです。

皆さんの期待に膨らむ微笑みを見ていると、責任の重さと楽しみを感じてまいります。

1B5A7281


Comments are closed

ある日のフェイスブックで

post on 10月 30th, 2014
Posted in 未分類

先日、フェイスブックでこんな記事をあげました。

ミラクルミネラルファスティング3日目…
まだまだ行きますよ~。

ファスティング専用ドリンク『マナ酵素』で、
空腹感はほとんどなく、
毎朝社内で香るコーヒーに少々恋しさを感じますが、
ファスティングサポートティーの
『オーガニックルイボスティPONO』
で、なんとなく気は済んでます。
10687072_665946936834178_9130651365736624412_n

さて、私も前から気になってたのでなんとなく避けていた
「自家製酵素ドリンク」について、”やっぱりな~”な記事を
見つけました。

酵素流行りにご注意!

自家製酵素ドリンクの難点ですが、

素人では、発酵しやすい白砂糖を用いがちなのと、
そのショ糖成分が、自家製の発酵期間では短すぎて、
きちんと分解できてないことから、
アメリカの臨床栄養学士ナンシーアップルトンが指摘した、
”砂糖による146の弊害”をもろに受けてしまいます。
(免疫機能の抑制、細菌感染への抵抗力の低下、視力低下、癌、アレルギー…)

あと、使用する野菜や果物の残留農薬の問題がありますので、
まぁ、スーパーやコンビニで買ってくるジュースに比べたら、
添加物が入っていない分マシ程度のものと考えて、
”市販のジュースよりマシ”という認識で飲むにとどめることが
肝要でしょう。
まさか、自家製ドリンクで、ファスティングしようなんて言うのは論外!
健康ファスティングに必要なミネラルが全然足りません。
それに、空きっ腹に砂糖を入れまくることになり、
細胞が悲鳴を上げます。

そもそも、ファスティング専用に作られたマナ酵素のようなドリンクとは、
定義が違うのです。

『マナ酵素』は、60種類の野菜、野草、果物と、50種の酵母を用い、
1年3か月発酵熟成させてますので、ショ糖成分はすべて分解され、
残留農薬も検出されず、安全な”飲む食事”になってますから、
ファスティングに用いることができるのです。

世の中、大変『酵素流行り』ですので、
正しい知識を持って、健康生活を行ってください。

”正しい知識”を持ちたい方は、
お気軽にご連絡くださいね。

と、書いたら、こんな質問が寄せられました。

「 自家製酵素ジュースを実行してはる方を知っています。
残留農薬は花崗岩を溶かして取り出したミネラルを入れた水に浸けて除去するそうです。
砂糖は甜菜糖を使い、完成した酵素ジュースは腐らないそうです。

3日間のフォスティングプログラムもあると言ってはりました。

この場合はどうなんでしょうか」

ということで私、こうお答えしました。

甜菜糖についてですが、
砂糖の種類別のショ糖成分量を見てみますと、
100gあたりのショ糖含有率は以下です。

 上白糖     97.8g
 グラニュー糖  99.9g
 三温糖     96.4g
 氷砂糖     99.9g
 黒砂糖     80.0g
 てんさい糖   85.0g
 和三盆     97.4g

ということで、
白砂糖ほど不健康食品ではありませんが、
黒糖や甜菜糖だって、決して、健康食品とは言いがたいのです。
従いまして、ショ糖の害から逃れるには、
どれだけ発酵熟成させて、ブドウ糖に分解させるかでございましょう。

優れた空気環境では、腐敗ではなく上手に発酵して腐らないのでしょうね。
それは、健康住宅をやってる観点から分かります。


そもそも断食は昔から、水でも行ってきた長い歴史がありますから、
どんな断食でもよければ、どんな飲み物でもできるでしょう。
しかしながら、現代における体内汚染(化学物質や食品添加物、薬品、有害ミネラルの蓄積)から考えますと、
安全でしかも健康的に体質改善を図ることを目的とするファスティングには、
細胞環境、生化学の視点からのち密なミネラルバランスが必須と、
私は考えますため、
せっかく、3日なり、5日なり、7日なり、
”食べる楽しみ”を我慢して行うファスティングであれば、
最大限の効果を得ていただくために、
専門家が研究に研究を重ね、作り上げられた然るべきドリンクを
お使いになる方が、よろしいんではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。


Comments are closed

ノーベル賞受賞者に選ばれたサプリメントのセミナーです!

post on 10月 15th, 2014
Posted in 未分類

「免疫力は『温』め方『食』べ方『住』まい方」
株式会社オーケン Lilla Huset店長
健幸マイスターの大刀あゆ未です(*‘∀‘)

11月1日(土)

14:00~16:00(13:30開場)

で、「21世紀に選びたい サプリメント講座」と題して、
ノーベル物理学賞日本人受賞者のお一人である、
中村修二教授も愛用していることが近頃判明した、
【糖質栄養素】のセミナーを開催します。

会場;株式会社オーケン 抗酸化セミナールーム
費用;1,500円(定員20名)試飲・お土産付き
講師;大刀あゆ未

 

『免疫』『脳』『腸』に働きかける糖質栄養素は、
医学書”ハーパー生化学”にも掲載されるようになった、
細胞のアンテナ糖鎖の材料となる21世紀注目の栄養素。

それを、石油由来の化学合成ではなく、
私たちの細胞が喜ぶ食物由来でどう摂取するかがポイントです。

難しくなりがちな生化学の世界ですが、
分かりやすくお話しいたします。

お申込み・お問い合わせは ayu@ohken.orgまで

ノーベル賞受賞の中村教授と糖質栄養素の記事はこちら
ca15d82a8f1cd0111b78548ce2ba5dc9


Comments are closed